日経225システムトレード研究室 >  デイトレードツール  > 自動売買に必要なもの

2010年06月27日

自動売買に必要なもの


会社で働いている間に自動売買を行うためには、
実際のトレードを行うためのツールが必要です。

何らかの条件において売り買いのシグナルを発し、
実際の証券会社などの自分の口座に対し取引が行われなければなりません。

株式やFXなどに比べるとまだまだ少ないですが、証券会社が提供しているツールやいくつかの証券会社などに対応した独自のソフトウェアなどがあります。


証券会社が提供しているものでは、トレイダーズ証券で提供している
トレードスタジアムがメジャーかと思います。

取引システムとの連携もされており、チャートや戦略を呼び出し、発注数などの条件を設定すれば、簡単に自動売買を始めることができます。

またいくつかの会社でトレードスタジアムに組み込む戦略を販売しており、それを購入してトレードに使うことも可能です。


私自身は自由に戦略をつくることができることと、証券会社への発注システムとの連携が心配で、トレードスタジアムを使ってトレードを開始することにしました。

月々5千円ぐらい掛かるみたいですが、口座に10万以上入れておけば無償で利用できるはずです。


トレードスタジアムについては
トレイダーズ証券





【デイトレードツールの最新記事】
posted by 投機家けい at 14:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | デイトレードツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。